百鬼夜行

2021.03.01CONTENTS

先日テレビを見ていたら
京都・一条通りという商店街が
百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)で
町おこしをしているという

百鬼夜行とは
古道具が変化した妖怪が
夜列をなして徘徊する様

町おこしの百鬼は怖かった
ひとけのない商店街に
人が扮する妖怪がたたずんでいる

これ、怖いですよね。

ところが
室町時代の絵に描かれている
百鬼夜行の様は
実はちょっとアニメ的でカワイイ
https://iwasebunko.jp/stock/collection/entry-198.html

モノを大事にしないと
こんな妖怪が出てくるのかと
翌日、私は冷蔵庫の野菜室を
キレイに洗ったりしました。

コロナも百鬼の一つなのか
と思ったりします。

コロナの変異はどうして起こるのか?
変異のメカニズムは何か?

たまにはそんなことも書こうかと
色々検索していた結果
たどり着いたのが百鬼夜行

「私はコロナのサイエンスに
まったく興味がないのだ」
と自覚することができました。

そんな私がコロナ対策で思いつくのは
犬の散歩の時のごみ拾い

プラでもタバコでも
トングでつまんで袋にポイ
きっと荒ぶる神が鎮まります。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。