やせる朝食-2

やせる朝食-2
2017.09.18CONTENTS

朝食を食べない派にもメリットとデメリットがありましたね。どちらがやせるか?という発想には意味がなく今の体調に応じてベストの方法を選択できる自分になるこれが「本質」です。

今日は朝食を食べる派を考えます。(私はこっち 笑)朝お腹がすいて目がさめる人もあまり空腹を感じない人も習慣的に朝食を食べる人多いのではないでしょうか?朝食を食べる派のポイントはこれ

朝食は低糖質が鉄板!

食べる派の理由はもちろん空腹だから、ですね。ここで大切なポイントは朝食の炭水化物は控えるまたはゼロにする、ということ洋食だったら野菜と目玉焼きにパンは1/3切れか無し和食ならお味噌汁と納豆(納豆は亜麻仁油と塩で食べる)とご飯1/3または無しなぜかと言うと・・・夜は誰でも「絶食状態」です。

その間は、エネルギー源の「糖」が入ってこないのでぷよぷよの体脂肪が燃えてその燃えかすがエネルギーとして使われます。朝もその状態が続いているので朝食で糖(炭水化物)をとらないとぷよぷよの体脂肪が午前いっぱい燃えてくれます。お腹のぷよぷよ体脂肪さん!燃えてなくなれ~~~です。

「朝はパンと決めている」「日本人の朝食はご飯でしょ」など、ポリシーもあるかと思いますが普段と違うことをしないと新しい自分は見えてこない…やってみましょう!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。