食生活にカツ!

食生活にカツ!
2018.01.22CONTENTS

昨日は朝からやたら食べてしまいました。まず、納豆を食べて水菜とセロリのサラダを食べそれからチーズをのせたお餅を1個ギー(バターオイル)を入れたコーヒー(牛乳の代わりにギーにしてます。 これはおススメですよ!)それからなぜか冷凍しておいた中華菓子を1つと(パイナップルケーキみたいなやつ)みかん1個急いで家を出て用を済ませ午後は地域の高齢者の集まりに皆さんが作って下さったおでんと炊き込みご飯をパクパク(美味しかったです!)朝食がダメダメだと1日中、胃腸が重く頭がすっきりしません。

 

そういえば最近調子に乗って随分食べてるな~お菓子だって買い込んでるしケーキも冷凍して保管しちゃってるあーダメだダメだこういう時に思います。現代に生きていながら体の仕組みは何万年も前のままなんだと人類誕生の700万年前から人は厳しい環境で暮らしてきた。私たちの祖先はアフリカの大地で動物を自分で捕まえ、さばき肉を食らっていたはず。時が流れ1万年前になり縄文時代の日本では貝、魚、クルミ、どんぐりを食べ脂肪+タンパク質が8割炭水化物が2割の食生活だった。

 

地震が起こり巨大流星が落ちてくる中生き延びた子孫それが私だ。こりゃ先輩方に向ける顔がないわ~健康がイマイチな人甘いものばかり食べてしまう人そんな人はマジな1日糖質制限を勧めます。野生の生命力がよみがえり仕事がはかどり肌がきれいになる事間違いない!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。