あなたのやる気を持続させます

あなたのやる気を持続させます
2019.05.13CONTENTS

慶応義塾大学の田中先生が「やる気」と「根気」の面白い研究結果を発表されました。ネズミさんのおうちに「レバーを押せば餌が出る」装置を置いておく。5回押すと餌が出るときは成功率95%5回なら押すでしょうところが10回押して餌が出る場合成功率73%不安になりながらもまだ頑張れる20回だと成功率50%12回目あたりから不安Max「餌のサービス終わったんじゃないの?」がんばって押して餌を食べたネズミは脳のセロトニン神経細胞が活性化されていました。

 

どうやら、根気はセロトニンがサポートしてくれているようだ。セロトニンは、いつもいい仕事しますね。「やる気」と「根気」を分けたあたり田中先生すばらしい!さて、セロトニン細胞をどうやって活性化させるのか。聞いて驚くなかれ「早寝早起き適度な運動」わっはっはそれだけでは身も蓋もないのでリズム運動がおススメです。ウオーキング、水泳、太鼓たたきボール遊び、エアロビクスそういえば、うつの治療にも「お手玉」がいいそうです。まさにリズム体操です。

 

また、トリプトファンの多い食事バナナ、大豆などを摂る。何かに感動する。映画でも絵画でも小説でも恋愛でもできることからやってみましょう。100歳時代はやる気と根気が必要です。新たな仲間と出会い新しい趣味に挑戦する。なかなか上達しなくてもセロトニンを増やしてやる気を持続させましょう。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。