米国のポーションコントロール

米国のポーションコントロール
2019.03.18CONTENTS

何をどれだけ食べればいいのか世界中の人が悩んでいます。様々な説があるのでどれを信じればいいのか・・・現時点で最高の食事法は「人によって違う」が答えです。なーんだでも、実現可能な食事法でないと意味がない。その点、アメリカで成果を上げている方法は、至ってシンプル!

「お皿の面積で食べる量を決める。 」

以下の説明は糖尿病患者さんへの食事指導ですが私達にも十分参考になります。まず、23cmのお皿を用意1/2に、でんぷん(糖質)の少ない野菜(ブロッコリー、キャベツ、ニンジン、ズッキーニ、カリフラワーなど)1/4に、穀物かでんぷんの多い野菜(米、全粒粉のパン、イモなど)1/4に、タンパク質(魚、鶏、豚、牛、大豆製品など)を盛りつける。そしてフルーツもオリーブオイルもナッツも食べましょう。こんな感じ。

 

アメリカの糖尿病患者さんは1回の糖質量を30-60gに抑えるよう指導されています。一方、日本では1回の糖質量が約90gどう考えてもアメリカの糖尿病患者さんの方が早く元気になると思いませんか?茶碗、汁椀、平皿、小鉢、向付・・素敵なお皿が沢山ある日本文化には面積で割り切るポーションコントロールはちょっと・・でも考え方としては悪くない。これ、私の食生活に合う!と思った方は、ぜひやってみて下さい。また、別の視点もご紹介しますね。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。