遺伝子に逆らう

遺伝子に逆らう
2019.07.01CONTENTS

遺伝子検査、流行っていますね

私はずっと意味なしと思っていました。特に、ガンの発症率なんかは知りたくない・・・でも、ちょっと調べてみようかな~値段も安くなってるしということで毛根を3本とって送ってみたところ・・・検査結果を見て「ウッソー」皮下脂肪がつきやすく筋肉つきにくくエネルギー消費も少なめ太ったことないのに案外太りやすい遺伝子もってる!!低血圧で悩んでいるのに高血圧のリスクが高い!運動に関してはぴったりでした。

 

ハイパワー系があってるのでテニスはOKミトコンドリアの活性も中等度鍛えればかなりの運動に耐えられる。子供の頃からアレルギーなのでアレルギーリスクが高いのも納得!さて、ここから何が言えるのか。一つは遺伝子検査なんて意味なし全然現実とあっていない!もう一つの考えはいい食事やライフスタイルにより遺伝子に負けない健康な体が手に入るということエピジェネティックという言葉ご存知ですか?運動や食、笑いや芸術など様々な環境により眠っている遺伝子を起こしたり悪い遺伝子機能を隠したりするそういう学問です。

 

不治の病で苦しんでいる人がどうせ先は短いのだから好きなことをするんだ!と決め病気が完治したという話テレビで見たことありますよね?あれは、楽しい生活で病気の遺伝子を覆い隠してしまったそういうことのようです。(ヒストンのアセチル化とか)私は活性酸を除去する遺伝子が弱いので野菜や果物を多く食べよう!と検査を受けて改めて思いました。興味のあるかたはご連絡ください。丁寧にご説明します。(費用:23,000円)

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。