低血糖は悪者だった!

低血糖は悪者だった!
2020.05.25CONTENTS

糖尿病が増えている昨今「低血糖は悪者」という事実をなかなか受け止められませんでした。だって、炭水化物ばっかり食べたら糖質摂りすぎで太っちゃうんでしょ?

 

低血糖はいいんじゃない?って思いますよね。
もちろん、糖質摂りすぎはカラダによくないです。でも、血糖値が下がっている状態もそうとうカラダに悪いのです。

何故かというと

血糖値を上げようとして、副腎からアドレナリンが出るからです。アドレナリンがでると敵と戦うモードになり血糖値も上がる!筋肉は緊張し、なんと言っても副腎が疲れる。寝ている時って食べないから、私達は体内で糖を合成し血糖値を維持しています。

 

でも、糖の合成が苦手な人が意外と多くいてそんな人は寝ててもアドレナリンを出し血糖値を上げることになる。寝てる時でも戦いモードになるから
食いしばりや肩こりにつながり目覚めも悪い。えーー最悪じゃないですか低血糖!糖の合成がうまい人はいいけれど苦手な人は低血糖にならない様に
色んな対策がマスト

 

たとえば、夕方お腹が空いてきたら「でんぷん」を食べる。小さいおにぎりや焼き芋何かがおススメ。そうすると血糖値はゆっくり回復アドレナリンを浪費しなくてすむ。缶コーヒーやお菓子はズバリお砂糖だから避ける方が無難です。

最後にお知らせがあります!

ダイエットの科学的な情報をYoutubeでご紹介してます。(まだ1つ)

お時間のある時にご覧ください!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。