食べるならトノサマバッタ

2020.08.31CONTENTS

食べるならトノサマバッタ

アグリバイオという雑誌の「研究者の広場」というコーナーに
昆虫食という気味わるそうな投稿があり
こわいもの見たさで読みましたが

井内良仁先生(山口大学)の昆虫食への愛があふれていて
あっという間に引き込まれました。

バッタは見て分かるように
小さいのにジャンプ力があって

私もひそかにタンパク量がすごそう・・・と感じていましたが
やはり、牛豚鶏に負けない素晴らしアミノ酸組成だそうです。

 

不飽和脂肪酸もビタミン類も牛肉超えの種もあり
カルシウム、マグネシウム、リンもカタクチイワシ以上で豊富

我が家の犬がお散歩で食べる「蝉」ですが
さほど栄養がない所をみると
樹液を吸う蝉よりも
草を食べる虫がいいようです。

極めつけはトノサマバッタの「フン」
本体がよければフンもいいってことか??

腸内細菌もよさそう!

中国ではカイコのフンをお茶にして飲んでいたし
パンダのフンのお茶も高級茶らしいですね。

それにしてもバッタだと飼育場所も狭く
エサも少なくていい

おまけにフンまでお茶になる
ビジネスにしたら間違いなしなんだけどね・・

 

ちなみにセミはエビのしっぽみたいで
ポテトチップスのような軽い口あたりだそうです。

昆虫食が世界を救う日は来ますね。
覚悟しておきましょう。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。