第6の味覚「脂肪味」で生活習慣病を予測できる?

2019.06.16

5つの味覚言えますか?

甘味、塩味、酸味、苦味、うま味

これに「脂肪味」という新しい味覚が加わりました。

生活習慣病にも関係するこの味覚、いったいどういうものなのか、私も興味津々です。

脂肪の味に鈍感だと生活習慣病になりやすい?

何人かで食事をしていると、こんな会話ありませんか?

「この料理ちょっと油が多いわ」

「そう?私、美味しいと思うけど」

オーストラリアのディーキン大学の研究によると、脂肪味の感じ方は人によって違いがあり、脂肪味に鈍感なほど、生活習慣病のリスクが高いことがわかりました。(クローズアップ現代参照)

脂肪の多いものを頻繁に食べていると、脂肪の味に鈍感になるから、と考えられているようです。

たしかに、スイーツが好きは、かなり甘いものを毎日食べているし、しょっぱい味が好きな人は薄味では満足できないでしょう。

脂肪と言ってもオメガ3、オメガ6、オメガ9、中鎖脂肪酸など個性豊か。

ひとくくりに脂肪と表現するのは、ざっくりしすぎな気がします。

脂肪が美味しいと伝える神経があった

九州大学の五感応用デバイス研究開発センター(名前がカッコイイ)では、脂肪味を伝える神経を同定しました。

これは人ではなく、マウスの実験です。(マウスも油やスイーツが好きなんですよ。)

発見1:

脂肪に反応する鼓索神経(味を脳に伝える神経)は全体の約18%ある。

発見2:

甘味やうま味に反応する鼓索神経のうち半数以上が、脂肪味にも反応する。

つまり、脂肪味も甘味やうま味として感じているかもしれないのです。

糖質制限で脂肪は味方だったのでは?

ここで重要なのは、九州大学の実験は、オメガ6のリノール酸で行っていることです。

今回の研究成果は、脂肪をしっかり摂って、糖質を減らすという糖質制限の考え方を否定する結果のように思えます。

しかし、私はそうではないと思います。

オメガ6のリノール酸は、現代人は摂りすぎと言われいて、炎症やアレルギーにも深く関係する脂肪酸です。

そして、お菓子や外食はほとんどがリノール酸。まずはリノール酸を減らすことが重要。

健康のためには、オメガ3の亜麻仁油やオメガ9のオリーブオイルをサラダにかける食生活はOKです。

舌の味蕾は10日間で生まれ変わる。

自分が、脂肪味に鈍感だと思う人は、10日間、リノール酸(ベニバナ油、コーン油、もちろんサラダ油)を減らす、つまり外食の揚げ物やお菓子を減してみてください。

これは、誰にとってもカラダにいい、あたりまえのアドバイスですね。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。