風邪を早く治したい時なに食べる?

風邪を早く治したい時なに食べる?
2017.11.27CONTENTS

風邪をひいている方が増えてきましがみなさんはいかがお過ごしですか?

今年の9月15日に厚生労働省から「インフルエンザワクチンの接種は13歳以上の人は1回に周知徹底」という通達が出ています。1回でいいならラッキー!って喜んだ方もいるのでは?笑

 

インフルは薬で1週間程度で治せますが案外、風邪をこじらせた方が長くかかることがありますよね。先日、お世話になっているウェブ集客コンサルの友人から質問されました。「1日も早く風邪を治したいんだけど 何を食べればいいかな?」ビタミンCは?やっぱりビタミンB群でしょ?いろんな意見がありますが・・・なんだと思いますか?

 

答えはズバリ「何も食べない。」栄養がなくて大丈夫ですか?って言われますが問題ありません。何も食べないのがどうしていいのか。これは、内臓が休まって消化のエネルギーを節約でき、その分、ウイルスとの戦いにエネルギーを回せるからです。途切れなく食べているといつも消化管は働いています。寝る前に「小腹が減った~」と何か食べたりすると寝ている間にも消化管は残業です。

 

みなさん、最近「うわ、お腹すいたぁ~~~」って感じたこと何回ありますか?思い返すと、意外と少ないかも。子供の頃は、お腹がすいた状態で2時間くらい遊んでいませんでしたか?食べない時間が長いと消化管は休まり、回復して脂肪は燃えて消えていきます。ダイエットのセオリーが体調管理にも役に立つんですよ!小腹が減るとすぐにコンビニという生活は胃腸に負荷がかかります。例えて言うとようやく仕事が終えて一休みと思ったら上司が「これもやっといて!」と書類の山をドサッと机にみたいな感じでしょうか 笑

 

風邪を早く治したいとか少し疲れてるかな、という時は自主的にプチ断食これが一番の薬です。注意点は、水分はしっかり摂ること。「ほうじ茶」が私のおススメです。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。