フィトケミカルは毒だった

フィトケミカルは毒だった
2019.01.21CONTENTS

野菜や果物を多く食べる人は生活習慣病になりにくいはいはい、知ってます。それは、野菜や果物に含まれる「フィトケミカル」という物質が体のサビをとってくれるつまり抗酸化活性があるから!はい、私、ずーーーーっと呪文のように信じていました。

 

フィトケミカルは抗酸化♪♪ゴボウの抗酸化能はグレープフルーツの9倍!えーーーすごーい!こんなやりとりTVでありますよね。しかしこれらの数値は全て「試験管内」で測定したもの口から入ったフィトケミカルはそのほとんどが肝臓で代謝される。つまり、抗酸化効果は限りなく低いと考えられる。

 

なのに、お茶のカテキンやブドウのレスベラトロールはなぜ体にいいのか?実は「ホルミシス効果」が関与すると言われています。ホルミシスの特徴は高用量だと毒だけど低用量では体にいいたとえばジギタリスという薬物は高用量だと不整脈や嘔吐を起こすけど少量では心不全のおくすり食べた野菜や果物のフィトケミカルは抗酸化効果ではなく少量の毒性をもって効果を発揮するようです。

 

こんなこと知らなくても食べればいいんだから今日のメルマガは読む必要なかったかもしれません 笑「あなた、お仕事がんばって~」と渡すお弁当に実は少量複数の毒が入っている今日も皆さんのお食事に少量の毒が入っていますように。

出典:健康長寿ガイドラインエビデンスブック(東京都健康長寿医療センター)

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。