アートは予防医学に役に立つ

アートは予防医学に役に立つ
2019.06.03CONTENTS

アートなんて言うと興味ないと思う人もいるでしょうでも、アート、芸術は「人の表現行動」です。美しいえんどう豆を見たらこの緑をそのままスープにしたいと、思う人がいたりえんどう豆を水彩画で描きたい人もいる。

 

人は不思議ないきもので心の中に沸き上がったものを何らかの方法で表現したいと思う。嬉しい時は口笛を吹き悲しい時は膝を抱えてうつむくそして、表現することで癒されたり区切りをつけて前進出来たり歌ったり、踊ったり演じたり、彫ったりスポーツもアートの一つです。勝ち負けも楽しいけれどスポーツを通して仲間に愛を伝える自分、愛されてるな~と幸せになるそしてそんな自分って悪くないな~と自分をほめてあげる!ハイタッチする!!

 

さて、あなたはどんな自己表現が好きですか?しゃべる?食べる?アートは癒しになるので幸せ感につながりホルモンバランスもよくなります。なんと言っても創作意欲が高まるので中脳も大脳皮質も活発になる。今日、心の中に「人に伝えたい何か」が生まれたらぜひ、自分の好きな表現方法で表現してみて下さい。自分が癒されるだけでなく誰かを癒すかもしれません。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。