お手玉で周辺視野を広げる

お手玉で周辺視野を広げる
2019.09.16CONTENTS

老化を一番最初に感じるのは眼かもしれません。

近くが見えない暗くなると見えないさらに周辺視野も・・・運転中「今の車、見えてた?」「え、わからなかった・・」なんていう会話、していませんか?中心視野ではっきり見るのとは違い周辺視野では、左右の目で100度くらいの範囲をなんとなく見ています。

 

これは、周囲と自分との位置関係を把握するのに役立つため運転以外にスポーツにも有用テニスのダブルスではボールはインパクトの瞬間だけ見てあとは相手の前衛の動きを見るしサッカーもボールを見るのは一瞬どこにパスを出すのか俯瞰して見る日常だってケガをしないとか事故を起こさないなど周辺視野の広さは大事!じゃ、どうやって広げるのかテニスだと2つのボールでボレーをするコツは、ボールを見るのではなくその空間全体を「ぼんやり」見ることこれを応用してお手玉で周辺視野を広げることもできる両手にお手玉をもって左右一緒に上に投げてキャッチ!その両手を徐々に広げるスポーツ選手はこれを歩きながらやるそうです。お手玉は人生のあらゆる場面で役立ちます。リビングに数個はおいておくべし!ぜひ、やってみてください。思いのほか出来なくて笑っちゃいます。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。