チョコレート効果で「疲れ」をとる

2019.11.25CONTENTS

チョコレート効果で「疲れ」をとる

最近、運動後の回復が遅いな~

実は、運動(体)の疲れも、デスクワーク(頭)の疲れも
双方に関係するのが脳内の「視床下部」と「前帯状回」です。

この部位は体調を管理したり
ストレスやリラックスの調整をする
いわば自律神経の要

東京疲労・睡眠クリニックの梶本先生が
疲労と関係する90種類ほどの物質を調べたところ
関連性が高い物質は「活性酸素」でした。

やっぱりおまえか・・・

 

ということで
今週のおやつは明治チョコレート効果72%に決定!

1枚でカカオポリフェノール172g
ポリフェノールの1日推奨量は決まっていないけれど
200-500mgとればOKのようです。

疲れがたまっている私は1日4枚食べようかな。
その際お茶を一緒に頂くと茶葉3g(1人分)でカテキン(ポリフェノール)450mg
これでかなり摂れそうです。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。