お花を飾るといいことある

お花を飾るといいことある
2020.04.06CONTENTS

私の尊敬する下條先生曰く

「脳と環境とカラダ」はお互いに深く影響を与え区別がないそうです。小さい子供の目線までしゃがむと草のにおいがして立っている時の環境とは全く違うふと子供の頃の感覚がよみがえり一瞬にして時間をさかのぼるこんな何気ない体験も脳=環境=カラダで説明がつくそうです。そして脳にはインターネットのように来歴があります。どこで生まれ何を学び何に感動したのかこの来歴が脳、環境,カラダと深く関わりながら今の自分ができている。そこでようやく「お花」花をもらった時の喜び渡したときの相手の笑顔花にはどんな人でもハッピーな思い出が来歴の中に畳み込まれています。

 

花瓶にチューリップがある食卓に小さな白い花がある花を見ている時花にまつわるハッピーな来歴にアクセスしているそうするとふわっとカラダがゆるんだりしますこんなちっぽけなことだけれど今ここに咲いている花を見ると将来の不安が減ってマインドフルネスの効果もあります私は昨日200円で買ったつつじが咲くのが楽しみです。では、ふわっとした一日を!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。