若くても徹夜一晩 認知症

若くても徹夜一晩 認知症
2020.01.27CONTENTS

たった一晩でも徹夜をすると20代でも認知症のリスクが上がるかもそんな論文が今年の1月にNuerologyに発表されました。20代でも?一晩でも?論文によると平均22歳の男性1日目はちゃんと睡眠をとり2日目は照明をつけたままでゲームや映画鑑賞雑談などをして朝まで起きている。そして血液中の認知症に関わる物質の濃度を測定すると徹夜をした被検者の血中濃度が17%も上昇していたという。

 

その物質はタウ蛋白質この蛋白質が脳内で凝集すると神経を劣化させ細胞死が進みます。ちゃんと睡眠をとった男性はもちろん、血中濃度に変化なし実験結果はその解釈が難しくてここで大事なのは血液中の濃度が上がっても脳内のタウ蛋白質濃度が上がっているという証明にはならないこともしかして脳でたまったタウ蛋白質が代謝されて血液に排出されたのか・・はたまた脳のタウ蛋白質が増えて血液がそれを反映しているのか・・

 

真実はいまだ霧の中ですがここから得るべき知見は「睡眠不足と認知症は関係がありそう」ってこと!徹夜が好きな人、いますよね特に男性体力があってうらやましいけれど習慣化するのはやめたほうがいいようです。すごい研究ですが普通の生活をしていれば大丈夫ってことですね。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。