明るい気持ち

2020.12.28CONTENTS

明るい気持ち

いきなりですが気分がめいっている時はお笑いを見るのが一番でしょう。

お笑いでなくても大笑いすることが本当にだいじ。
笑う事で血圧や血糖値が改善しますが
その理由は笑いが遺伝子の働きにまで影響するからです。
この研究は最初はバカにされていましたが
最近はエピジェネティックスといって花形の研究テーマです。

 

運動することで特定の遺伝子が働き健康になった
前向きの心になったら病気が治った 
そういうことがエピジェネティックスで説明がつくようになりました。

誰もがコロナで気分がめいっている
それも度が過ぎると遺伝子に悪い影響を与えかねません。
気持ちって大事ですよね。

コロナ対策をしっかりして
あとはニュースはほどほどにして
この年末は「笑う」ことに全精力をそそぎましょう!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。