ためしてガッテン 体重乱高下と脂肪肝

2016.10.14からだ

 

ためしてガッテン(10月12日)見ましたか?ダイエットとリバウンドを繰り返すと、まさかの脂肪肝になる?

なかなか衝撃的なダイエット番組でした。

体重の乱高下で痩せたのに肝臓が危ない?

1カ月で5㎏減量し

1か月で元に戻り・・・

糖質制限で体重を自在に減らすことを経験した人は、いつでもやせられるという自信がついて、脂肪肝という危険な落とし穴に落ちる可能性があるそうです。

脂肪肝になるメカニズムとは?

人の体は恒常性を維持している。だから、急にやせると、血中と肝臓の脂肪量が急激に減って、体が「あれ、なんだか、恒常性が保てていないんとちゃう?!」と危険を察知して、肝臓が脂肪を貯めはじめます。

体重が急激に減少してから1ケ月後に、肝臓に徐々に脂肪がたまってきます。

体重が減ってホッとして、沢山食べると当然、体重はリバウンドします。そして、肝臓は食べた脂肪を素直に貯めてる。

この繰り返しで、ダイエットとリバウンドを繰り返しながら、気が付いたら肝臓は脂肪でパンパン。

ダイエットが危ないわけではない

この番組のメッセージは「体重の乱高下は肝臓に脂肪がたまるから危険だよ」ということです。

ダイエットが危険、というわけではありません。

もともと減量とリバウンドを繰り返すと、徐々に筋肉が減って脂肪の量が増えるから、基礎代謝が減って太りやすい体になることは知られています。いいこと一つもないですね。

もしも脂肪肝になっていたら

肝臓の脂肪を減らす対策として紹介されていたのは意外と単純な「ウォーキングと睡眠」

夕飯後に歩くと食べた糖質が消費され、血糖値が下がります。そして、寝ている間はプチ断食になるから、肝臓の脂肪が消費される。

急に体重が下がって、喜んでいたのに肝臓の数値が悪くなったと嘆いているあなた。こういう仕組みだったんです。ウォーキングと睡眠、これで大丈夫です。

体重が乱高下している人は、一度、肝臓の数値をチェックしてみてはいかがでしょうか。

[merumaga]

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。