体重落とすは食事が全て

2016.07.19その他

 

痩せたいなら、第一選択は食事の見直し。 その次に運動、この順番です。  

3食のうち1食はご飯なし

体育科学博士の私がいうんだから間違いありません。やせたかったら運動する? いえいえ、まずやらなくちゃならないことは、食事の見直し。

糖質、つまりパンかご飯か粉もんのおやつを減らすことが重要。減らし方は人それぞれ、受け入れやすい方法を撮るのが一番です。お茶碗を小さくするのもありですね。

でも、お薦めは一日のうち1食主食を無くすこと。ご飯か、パン、麺類がないとすぐお腹がすいちゃうんで、無理です!とよく言われます。

実はこの空腹、恐れずに楽しんでほしいんです。そして、お腹がすいてしんどかったら ゆで卵を食べて水を飲む。 これで痩せ体質になっていきます。ウソだと思ったらやってみてください!! 

インスリンを消費しない生活がすごい

糖質を減らすと、はっきり言って誰でも痩せます。なぜなら、インスリンが出ないので、脂肪が蓄積されないからなんです。

糖質を減らすと ➡ 血糖値が上がらない ➡ 膵臓からインスリンがでない ➡ 脂肪がたまらない。しくみはこれだけです。シンプルでしょ!

血糖値が上がらない生活をすればいいので、パンよりご飯、白米より雑穀、野菜や肉を先に食べて、最後にご飯を食べる、など、いろんな工夫が出来ます。  

糖尿でも肥満でもなくても低糖質食はマスト

糖尿病のドクターご自身が低糖質食を試して 世の中に広めている方が沢山いらっしゃいます。もちろん、権威のあるジャーナルに論文がきちんと載っています。

糖質が少ない食事は、生活習慣病の予防にもなるので 中医学の先生方も勧めています。私は、ストイックにならないで、持続可能なゆるい低糖質ライフにシフトしました。

[merumaga]

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。