健康なデブはいない

2019.03.30CONTENTS

今日は「白くてぷよぷよした」あいつ、脂肪細胞の話です。

ただただ丸くて「油をため込むしか能がないんです」そんなイメージなのに
実は、脂肪細胞には多くの物質の生産ラインが完備されています。

 

そして、作られる物質には真逆の性質があることがわかっている。
本当にジキルとハイド!

脂肪が少ない時は「いいホルモン」が放出されます。
「食べすぎに注意してくださいね」なんて気配りしてくれちゃいます。
これがレプチンというホルモン。

「もうお腹いっぱい!ごちそうさま」と脳に指令を出し、ダイエットを応援する。

ところが、仲間が増えて集まってくるとだんだん悪くなって
「どんどん食べろ~」「血圧もあげちゃうぞ」「血管硬くていいよね。」
こんなことを言い始める。

 

あんなに好青年だったのに数が増えるとヤンキーになり
病気になるように仕向けてくるなんて!

これが脂肪細胞の正体。
いやですね~

「おれ、健康なデブ!」な~んて言っている人いませんか?
「あなたの脂肪細胞 ひどいホルモンだしてますから~」

脂肪は今や立派な臓器です。

こんな脂肪なくてもいいって思うでしょ?
でも、全くないのも体に悪い、つまり「いいホルモン」も作られない。

ということは、標準体型を目指すのがやはり正解ということでしょう。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。