納豆最強説

納豆最強説
2018.11.15CONTENTS

今日は食物繊維のお話です。

食物繊維といっても便秘の話じゃありません。痩せている人は腸の中に「やせ菌」が多いそうです。これは日和見菌の一種私の腸にもそんな菌が沢山いてほし~~い!!ですよね。そのやせ菌を増やすために水溶性食物繊維が役に立ちます。水溶性食物繊維が多い食べ物をネットで検索するとわかめ、もずく、昆布、牛蒡、キャベツオクラ、かぼちゃ、納豆、アボカドバナナ、コンニャク、豆腐まあ、このあたりが出てきますわ。それで、写真があって「毎日食べましょう」なんてね。

 

でも、どれだけ食べればいいのか何が一番効率的なのかどこにも書いてない!日本食品成分表2018(七訂)で調べると水溶性食物繊維の量は、

・バナナ1本 0.2g
・オクラ1本 0.2g
・切り干し大根 50g

0.3gなど大した量ではない。しかーーしそれと比べて納豆1パック(50g)で1g水溶性食物繊維が1gもあります。納豆2パック食べたらバナナ10本分の水溶性食物繊維手軽に食べられてこんなお得なことはないですね。でも食は文化です。たとえ1回の摂取量が低くても相互作用もあるし未知の生理作用もあるかもしれない。納豆ばかりでなくてオクラももずくも色々食べよう。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。