イワシ丸干しが精神疾患に効く?

イワシ丸干しが精神疾患に効く?
2019.08.12CONTENTS

栄養状態と心ぜったいに関係ありそうだけどまだわからないことが多いビタミンDときくと腸管からのカルシウムの吸収をよくしてくれるから骨粗鬆症の人に必要そんなイメージでしたがオランダの研究結果をご紹介精神疾患の患者さんのビタミンDは一般の人よりもかなり低いことが判明ここでいう精神疾患とは、統合失調症、双極性障害などビタミンDの数値が低い(12ng/ml未満)患者さんの割合は一般と比較したら4.7倍と多い。

 

それならビタミンDを飲めば精神疾患がよくなるかというと論文の答えは「まだ風の中」この手の話は多くたとえばコエンザイムQ10は年齢と共に減っていくことが研究から判明しかしコエンザイムQ10をサプリで摂っても若々しくはなるという論文はほとんどない。どうして「逆もまた真なり」にならないのかというと吸収されにくかったり他の物質に代謝されたり臓器の機能が低下してたり色んな要因がある私たちにできることは少なくともビタミンDを含む

・イワシ(丸干し)15ug

・シラス(大ヒ2)6ug

・鮭(一切れ)26ug

・ぶり(一切れ)6ug

・干しシイタケ(2個)0.8ug

こんな食材を時々食べる事です。ほとんど魚ですね。ビタミンDの1日の目標値は5.5ug

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。