長寿の秘訣はスロージョギング

長寿の秘訣はスロージョギング
2019.12.02CONTENTS

走っている人を見ると健康そうだな~と思います

いつも魚の目があったり腰痛があったりしたらジョギングの選択肢はゼロでもね、思い込みを捨てて挑戦する価値があるのです。時々、おしゃべりしながらゆっくりジョグしてる人見かけませんか?健康のためにはまさにそんなジョギングで十分という研究結果がでました。オーストラリアのビクトリア大学のZeljko Pedisic先生は6つの研究成果(前向きコホート)23万人のデータをメタ解析しランニングと死亡・疾患リスクを検討。23万人の内訳(国籍など)が不明で日本人にそのまま当てはまるかどうかわかりませんが(誰でも読める論文もあるけれど、お金を払わないと読めない論文の方が多い)5.5年から35年というすごく長い年月フォローしたところ2万5千人くらいが死亡ランニング習慣の有無で分けてみると習慣がある人の方がない人に比べて死亡や疾患リスクが低い。

 

すべての死亡率 0.73心血管系の病気による死亡率 0.7がんによる死亡率 0.77(1より低い方がリスクが低い)面白いのが効果が得られる条件週1回以下1回50分以下時速8㎞以下でも「効果あり」となっています。論文を詳細に読まないとどこまで楽にしても効果があるかはちょっと不明ですが時速8㎞以下の速さってかなり遅い・・なんちゃってジョギングでも十分いいでしょう。要は「やるか、やらないか」冬の冷たい空気の中軽く走るのも意外と気分上がります。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。