謎解きで脳はどうなる?

謎解きで脳はどうなる?
2020.05.18CONTENTS

TV番組「嵐にしやがれ」

見ていたら謎解きクリエイターの松丸亮吾くんが出ていました。松丸くんはメンタリストDaiGoの弟で東京大学理科I類の大学生アッと驚く面白い謎解きを次々と公開しているイケメン君です。

松丸亮吾くんが作る謎解きはたとえばこんな感じ

 

テレビでは松潤が爽快に答えを出して吉村とのバトルが楽しいのです。「謎解き」とか「脳トレ」は脳のどこにいいのでしょうか?うれしい効果の一つが短期記憶が鍛えられること何かを取りに行ってその場所に着いたら「何取りに来たんだっけ??」ってことありませんか?これが短期記憶です。「さっきまで覚えていたのに~~」ですよね 笑謎解きは、色々な要素を当てはめながら、考えを進めていきます。その過程で、短期記憶が必要となります。この短期記憶(ワーキングメモリー)は脳の特定の領域がかかわっていてこの領域は楽しい出来ことで活性化されます。

 

謎解きをしながら、あれこれ悩み答えを見て「うわぁ、気が付かなかった!!」と笑ったり、感動したりする。この一連の脳の流れは短期記憶を増強してくれます。松丸亮吾君のTwitterやYouTube家族で楽しむのもおススメ!そして松丸くんがYouTubeの冒頭でこんなことを話しています。「ひらめきをテーマに老若男女を問わず全ての人に考える楽しさひらめく瞬間の喜びを伝えるために・・」ぜひ自分の好みの謎解きを探して短期記憶を鍛えてみて下さい!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。