お正月はご馳走を食べよう

お正月はご馳走を食べよう
2018.01.01CONTENTS

あけましておめでとうございます。健康でスリムな一年になりますように!

みなさん子供の頃のお正月はどんな風でしたか?私の実家では親戚が集まって母の作ったおせち料理を食べながら夜遅くまで飲んでしゃべって大人は麻雀子供は百人一首昭和のドラマって感じですね 笑

お正月になると普段の食事量と比べてどう考えても沢山食べます。私も中学の多感な頃にさすがに太ったわ、と元旦から体重計に乗っていました。ところが増えた体重も数日たつといつもの体重にちゃんと戻るのがちょっぴり不思議でした。私ってすごい!と思ってましたがこれは私だけでなく「体重のセットポイント」のおかげ脳は一人一人の-体の動き-食べ物-食べる量をモニターしています。

そしてモニタリングをもとにあなたの今の体重は「こんな感じ」と決めてくれます。だから三が日に沢山食べようが数日たつといつもの体重に戻っているんですね!ですから、せっかくのお正月安心してご馳走を楽しんでください。御馳走が三が日だと問題ないのですがもし、1週間も続くと脳の方も考えを変えてきます。

「この人、なんか生活が変わったよね?」

「セットポイント、73kgに上げる?」

そうやって脳がセットポイントを上げ続けると・・・想像したくありませんね。お正月のご馳走はたっぷり楽しみ日常を脱出してストレスを発散!そして4日目からは通常の食事や運動量に戻しましょう。これが合図となって「いつものセットポイントに戻そう!」と脳が指令を送ってくれますよ。今年もダイエットに役立つ情報をタイムリーにお届けします。どうぞよろしくお願いします。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。