じゃあ、熱中症対策は?

じゃあ、熱中症対策は?
2018.05.28CONTENTS

先週「運動中には茶がイチオシ」に対して読者の方から貴重なご意見を頂きました。

 

「ハードに運動すると 運動中に足をつったり 熱中症になります。 その際の見解をお聞かせください。」

 

すごくいい質問、感謝です!読者さんの中にはぼちぼち運動派から1日サッカーをするアスリートまで運動量は様々だと思います。夏に激しい運動をする場合塩分と糖質の補給は重要です。塩分は、汗で失ったNaを補う糖質は、腸管からの水分吸収を促進する糖質量と促進効果の関係は正確にはわかりませんでしたが糖質量はメーカーによってまちまちです。

 

1リットルあたりOS-1は25gポカリスエットは60g私はOS-1を選びます。さて、お茶との関係です。たとえば、激しい運動をする人が1リットルの飲み物を持っていく場合1)脳細胞を増やし、熱中症を予防したい・お茶と水を500mlづつと、塩飴・スポーツドリンクとお茶を500mlづつ・お茶を家で飲み、スポーツドリンクを1リットル2)とにかく運動が激しくて、脳細胞よりも、熱中症を予防したい・スポーツドリンクを1リットルちょっと運動をする程度の場合は、お茶を500mlでいいでしょう。どれくらいの塩分を取ればいいのか?それは運動の激しさ、時間、気温血圧の高さなどによって様々です。

 

また、スポーツドリンクが好きな人塩飴が好きな人梅干しを食べる人これも好みによります。まとめると自分の好みを反映しつつ塩分を補給して(ドリンク、飴)脳細胞を増やしたい時はお茶カテキンを利用する、です。半日運動するときは、両方用意すると、どちらの効果も得られます。もう一つ、カフェイン問題があります。カフェインを摂取するとその利尿作用により排尿量が増えます。これに関してもカフェインの量と排尿量の関係がどうもクリアではありませんが利尿作用があることは間違いないのでカフェインのないドリンクも用意しておいてください。私は塩飴派ですがこの夏はテニス用に最適な梅干しを探そうと思います。科学をうまく生活に取り入れていい夏にしましょう!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。