GI値ってどう思う?

GI値ってどう思う?
2019.05.27CONTENTS

低GI値の食品を食べれば血糖値が上がらなくて太らないって本当ですか?よく聞かれる質問です。寺尾聰の「ルビーの指輪」聖子ちゃんの「夏の扉」松任谷由実の「守ってあげたい」こんな曲が流行っていた1981年ジェンキンズ博士が「食べ物で血糖値の上がり方が違うぞ」と、発見しました。

 

GIはグリセミックインデックス低ければ低いほど血糖値は上がらない、ということです。果物、野菜、豆類は低GI全粒粉の食品、サツマイモは中程度ジャガイモ、白米、白パンは高GIところがGI値はわかりやすいようで2つの注意点があるのです。1つは、計算方法お肉なんて糖質がほぼないのでさぞかしGI値は低いと思いきや豚モモ肉は45で意外と高めです。(例えば、しいたけのGI値は24)GI値は、糖質50gを含む食品を食べたら、どれくらい血糖値が上がるかを、示しています。

 

豚モモ肉は糖質0.2gだから2.5kgも食べた時の数値です。そもそも、糖質を含んだ食品に適応する概念と言えます。GI値一覧のすべての数値をまに受けないほうがいいでしょう。2つ目の注意点は健康で血糖値が正常な人を対象としている、ということ。血糖値の上がり方は個人差が大きく上がりやすい人はGI値よりも糖質量でチェックすべし!です。GI値ってどう思う?と聞かれたら「食品の血糖値を上げる効果をざっくり知りたい時には使えるね」とお答えしてます。

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。