態度の悪い外科医はやっぱりダメ

2019.07.22CONTENTS

JAMA Surgという有名な雑誌に
「同僚に対する態度が悪い外科医は、手術合併症が多い!」
という研究結果が発表されました。

「だろうな」という内容ですが
論文として発表されたのが面白い

対象となった病院は
全米手術の質向上プログラムに参加した2つの医療センター
(そんなプログラムがあるんですね)

期間は2012-2016年
対象は202人の外科医(男女比7:3)
試験法は、レトロスペクティブコホート

医師として不適切な行為とは

・手術室での悪い態度(どんな?笑)
・危険な行為
・同僚への失礼な態度
・職責を遂行しない、など

同僚から4件以上も報告された外科医の患者は

外科的合併症(5.8%→7.6%)も
内科的合併症(7.1%→9.4%)も
どちらも多い。

合併症とは、創感染、肺炎、血栓、腎不全、脳卒中、心臓発作など堅苦しい話が続きましたが
手術はチームワークがだいじ。

コミュニケーションがとりにくい先生や、同僚に敬意を払わない先生は、
外科医に限らずちょっと考えたほうがいいかも(もちろん例外あり)

 

広い意味で予防医学にはいる気がしたので、ご紹介しました。

Association of Coworker Reports About Unprofessional Behavior by Surgeons With Surgical Complications in Their Patients.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31215973

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。