寝る前のハチミツが疲労をなくす

寝る前のハチミツが疲労をなくす
2021.03.08CONTENTS

寝る前のハチミツが疲労をなくす

子供の頃は布団にめり込むくらいぐっすり寝ていました 笑それが大人になってからは朝起きてもな~んか疲れてるという日が増えてきて・・・そんなあなた「夜間低血糖」が起きている可能性が高いです。自分の体調は人と比べられないだから「こんなもんでしょ」とスルーしてしまいがちでもね1日の始まりの朝にすでに疲れている、というのはそりゃどこかがおかしいわけです。コーヒーか紅茶を飲まないとシャキっとしないってのは問題あり世の中では血糖値の上昇ばかり気にしていますが低血糖で悩んでいる人意外と多いです。特にバリバリ働いている人低血糖になると手が震えたり、汗が出たりイライラしたりします。

 

お腹がすいちゃって「甘いものくださいーい!」という状況になります。その時にチョコレートを食べると「あーホッとした。」と心が落ち着きます。チョコレートで血糖値が上がったからです。ところが夜間はそうはいかない。なぜなら寝ているからチョコレート食べられない。健康な人は体内の色々な分子を使ってグルコースを作り血糖値を維持しています。でも、それが上手くいかない人は副腎から「戦うホルモン」を出して血糖値を上げにいきます。

 

でも、寝ている間に「戦うホルモン」がでるから筋肉に力が入るし副腎は働きっぱなしだしそして朝起きた時にすでに肩こりと疲労さて、これを防ぐ一番いい方法はハチミツを「大さじ一杯」寝る前に寝る前にとることこのハチミツの量たるや驚くほど大量でして舐めるどころか、食べるという感じでも、効きます。その理由は肝臓にグリコーゲンがたまり夜間低血糖にもならず副腎も夜通しの仕事から解放されるハチミツで元気になる人の一つの指標は血液検査の中性脂肪100くらいあれば問題ないけれど70以下だと脂肪の蓄えが少ない騙されたと思って寝る前ハチミツをお試しあれ1日で疲れが取れるのがわかります。

 

ただし、大匙1杯は食べること。そしてできるだけ質のいいハチミツで!

武藤順子

AUTHER武藤順子

運動と脳とキレイを科学する女性研究者。武藤順子予防医学研究室室長。薬剤師・体育科学博士。医薬翻訳会社経営の傍ら、経営者のダイエットコーチングもサポートしている。